田舎暮らし物件.com
セカンドハウスの人気エリアはどこ?別荘との違いなどを徹底調査!

セカンドハウスの人気エリアはどこ?別荘との違いなどを徹底調査!

公開日:

更新日:

ブログ

会社から、家までの距離が1時間以上かかる人が、通勤時間を短縮するため、セカンドハウスを持つことが、最近増えてきており、セカンドハウスの需要が高くなっています。

また、「セカンドハウス」は、よく「別荘」と同じと認識されがちですが、セカンドハウスと別荘は、全く異なります。

今回は、そんなセカンドハウスと別荘との違いや、セカンドハウスで人気のエリアはどこなのか。まとめて紹介していきますので、セカンドハウスを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

 

セカンドハウスって何?別荘との違いはあるのか解説!

セカンドハウスと別荘を、一緒だと勘違いしている人は、意外と多いです。ですが、税制上の優遇措置が変わってくるので、知らずにいると損をしてしまう場合もあります。

 

セカンドハウスとは第2の住まいのこと

セカンドハウスの条件は、戸建てまたはマンションを、「毎月1日以上、日常生活のために使用していること」です。

なので、「週末だけ第2の家で過ごす人」や、「遠距離通勤のために第2の家を所有している人」などが挙げられます。長期休暇で、数日だけ宿泊する場合は、別荘とされていて、セカンドハウスとは認められません。

 

別荘との違いはある?

別荘とは、日常生活のために使用しない家、また保養のために使用する家のことを指します。セカンドハウスは「日常生活として使用する家」、別荘は「避暑や保養を目的とした家」という違いがあります。

また、セカンドハウスは、日常生活として使用する家のため、「居住用財産」に含まれ、一般住宅と同じように、税制上の優遇措置を受けることができますが、別荘は居住用財産に、含まれていないので、優遇措置を受けることはできません。

 

セカンドハウスの人気エリアはどこなのか?人気エリア3選!

セカンドハウスを検討している方必見!セカンドハウス選びで、人気エリアを詳しく解説していきます。

 

大阪への通勤圏で便利な兵庫県

兵庫県は、大阪に近く、特に尼崎市は大阪との県境にあります。また、「バス」「JR」「阪神・阪急電車」など、交通アクセスが充実しているため、利便性の高い場所として、セカンドハウスとしても人気のエリアです。

大阪や神戸へも、電車で10分〜15分程で行くことが可能で、道路も平坦な道が多く、自転車での移動も楽にできます。

さらに武庫之荘駅周辺では、梅田まで約15分程で行くことができ、スーパーはもちろん、銀行や病院など、生活に必要な施設が揃っているので、お子さんのいるファミリーにとっても、暮らしやすい地域です。

 

別荘でも注目度が高い滋賀県

滋賀県は、「都会過ぎず田舎過ぎない」場所で、JR東海道本線の新快速を利用すれば、40分〜1時間30分前後で、大阪まで行くことができ、草津市から京都までは、乗り換えせずに20前後で行けるので、通勤や通学にも非常に便利です。

また草津市は、名神高速道路・新名神高速道路や、国道1号線・8号線などの、主要幹線が通っているため、車での移動もスムーズに行えます。

大型ショッピングモールもあり、日常生活をするのに不便を感じることはなく、治安も良いので、ファミリー層が多く、活気溢れる地域です。

 

漁や釣りなども楽しめる和歌山県

和歌山県は、県庁所在地でもある、和歌山市から関西国際空港まで、40分ほどで行くことができる利便性と、海・山・川などの、自然も多くあります。

和歌山市は、和歌山県民総人口の約40%が住んでいて、和歌山城や景勝地などの、名所がある、歴史と自然が融合された、セカンドハウスとしても人気エリアです。

また有田郡では綺麗な川があり、もずくがに漁や、鮎釣りを楽しむことができるので、週末に家族で訪れ、自然豊かな山や川にふれ合うことで、リフレッシュできます。

 

セカンドハウスを選ぶポイントは?失敗しない地域選びのコツ!

セカンドハウスを、人気エリアから探すのもいいですが、地域選びのコツを知っておくと、より、失敗しない地域を選ぶことができます。

 

会社周辺の地域か調べる

まず、通勤や通学の時間を、短縮することを目的としたセカンドハウスでは、会社とセカンドハウスが、近いかどうかを調べましょう。また、電車や交通アクセスが、充実しているかも大切です。

会社から、どの移動手段からでも、向かえる地域を選ぶことで、通勤や通学の際に負担を減らすことができ、短縮できた時間を、趣味など別のことに有効活用できます。

1日の24時間を、仕事に追われるのではなく、いかに余裕を持って、過ごすことができるかが、失敗しない選び方のポイントです。

 

山や川・海など自然はあるか

週末のリフレッシュを目的にするなら、自然があるかどうかを調べ、オンオフの切り替えがしやすい地域を、選ぶことをおすすめします。

山や川・海が近くにあることで、目や身体から自然を楽しめられ、週末のプライベートな時間を、ゆっくり過ごせ、メリハリのある、平日と週末に分けられます。

充実した、プライベートを送れると、仕事への活力が湧き、また集中力も高まるので、仕事場や自宅とは、また違った雰囲気の地域を選ぶのも、ポイントの一つです。

 

まとめ

別荘は、一部のお金持ちしか、持っていないイメージがありますが、セカンドハウスは、通勤や通学時間の短縮が目的だったり、週末のリフレッシュが目的なことから、リーズナブルな物件を選ぶ人が多いです。

そのため、一般の人にも手が出やすく、無理なく、第2の家を持つことができます。自宅とはまた雰囲気の違う、セカンドハウスは、年々需要が高まっています。自分に合ったセカンドハウスで、充実した平日や週末を過ごしましょう!

\ この記事をシェアする /

サイト監修者

SUPER VISORS

株式会社カントリーライフ

株式会社 カントリーライフ
代表取締役社長 堀 充宏

株式会社カントリーライフは、2009年に「リゾート物件」や「田舎暮らし物件」を紹介する不動産会社として創業いたしました。
2019年には、創業10周年を迎え、本年2021年2月より13年目に突入しました。
丸12年の経験は、会社にとってかけがえのないものです。
大変、苦しい想いをしたことの方が記憶には残りますが、これも大切な経験です。
だからこそ味わえた感動もあったと思います。

10年先の未来を見据えた時、
『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である』 というダーウィンの言葉通り、変化への対応が必要です。

 私たちは今後、人々の癒しに対するニーズが一層多様化していくと考えております。
そこで、お客様の幅広いご要望にお応えできるようこれからも当ホームページを通じ「田舎暮らし向けの古民家」や「別荘向けのログハウス」をもっと身近な存在として、多くの人々にご提供していく所存でございます。

まだまだ若い会社ですが「迅速な行動」をモットーに精進してまいりたいと考えます。

関連ブログ記事

RELATED POSTS

新着記事

NEW POSTS

ブログをもっと見る

新着田舎物件

NEW PROPERTIES

物件をもっと見る