田舎暮らし物件.com
セカンドハウスを建てて週末を充実させよう!メリットと維持・管理の注意点

セカンドハウスを建てて週末を充実させよう!メリットと維持・管理の注意点

公開日:

更新日:

ブログ

セカンドハウスはwithコロナによりゆったりと過ごしたい人が第二の家として建てている人が増えています。プライベートな空間なので開放的な気分で過ごすことができるのがメリットです。

セカンドハウスに興味があるけど、かなり費用がかかるのでしっかりとした目的を持って造りたいですよね。あなたにとって、その目的が何なのか明確にすることが大切です。

また、家は大きな買い物になるので、維持管理費用がどれくらいかかるのかもきちんと把握しておきましょう。

 

セカンドハウスってなに?週末や長期休みにも?メリットについて

セカンドハウスは一体どのような家のことなのでしょうか?主に別荘と比較されることがあり、違いがあります。セカンドハウスは週末や長期休みなどに利用する家でメリットを紹介します。

 

セカンドハウスとはどんな存在なのか

セカンドハウスとは言葉の意味の通り「第二の家」です。別荘のような自然に囲まれた家以外にも、家の近くの都市部、もしくは田舎に建てられた家のこともセカンドハウスと言います。

週末に家族でくつろぐために用意した家、仕事の拠点が複数あるために自宅以外にも所有している家などもセカンドハウスです。

 

セカンドハウスで週末過ごすことのメリット

平日家で過ごしてる時は仕事モード、週末にセカンドハウスで過ごしている時は休息モードとオンオフを切り替えることができます。例えば自宅だとどうしても仕事のことを考えてしまうという人でも、セカンドハウスは休息の場としておけば、自然とリラックスした気持ちになれるのです。

 

セカンドハウスは一軒家?それともマンション?どちらがいいの?

セカンドハウスというと一軒家をイメージする人が多いかと思いますが、マンションもセカンドハウスとして購入する人もたくさんいます。週末、休息するためのセカンドハウスは一軒家とマンション、どちらがよいのでしょうか?

 

一軒家のメリットはプライベートを守れる

一軒家のメリットは隣の家と密着していないのでプライベートを守れます。マンションの場合、共同で使う空間があったり、騒音も聴こえてきやすかったりします。

一軒家の場合は自分一人や家族との空間を誰にも邪魔されることなく満喫することができるのがメリットです。

 

マンションは管理がしやすい

マンションは一軒家より狭いのでメンテナンスがしやすいです。特に週末だけ過ごすとなるとできれば掃除は極力楽にしたいと思います。

また、賃貸マンションの場合はいつでも解約できるので、セカンドハウスがもう必要ないなと思ったら手放しやすいというメリットもあるのです。

 

セカンドハウスで素敵な週末を過ごしたい!購入前の注意点とは

セカンドハウスで週末をゆっくり過ごすために購入を検討している方もいらっしゃると思います。しかし、一軒家にしてもマンションにしても住宅の購入はかなり大きな買い物です。

失敗しないようにこれらのポイントに気を付けてどのような物件を選べばいいのか参考にしましょう。

 

単純計算すると費用は通常の2倍かかる

セカンドハウスを建てるということは、持ち家が2つになるということです。ですから、単純計算すると費用は通常の2倍かかります。

購入したら終わりではなく、水道光熱費や電気代、管理費などの費用も頭に入れて予算と照らし合わせながら購入を検討しましょう。

 

忘れちゃいけない3つの税金

セカンドハウスを取得した際に税制優遇措置が受けられます。「住民税」「固定資産税」「都市計画税」の3つが対象です。 

 

減税措置の計算方法は

固定資産税=課税標準額(固定資産税評価額)×1.4%(標準税率)

都市計画税=課税標準額(固定資産税評価額)×0.3%(税率上限)

 

例えば減税措置を行なった時と行なわなかった時を比較すると

 

【減税措置を受けない場合】

固定資産税=2,000万円×1.4%=28万円

都市計画税=2,000万円×0.3%=6万円

合計34万円

 

【減税措置を受けた場合】

土地の固定資産税=1,000万円×1/6×1.4%=2.33万円

建物の固定資産税=1,000万円×1/2×1.4%=7万円

都市計画税=2,000万円×1/3×0.3%=2万円

合計11.33万円

 

上記の場合、減税措置により支払わなくて済む金額は、34万円―11.33万円で22.67万円となります。条件にもよりますが、大幅な節税効果が見込めます。減税措置について事前にどれくらい減税

 

まとめ

セカンドハウスは週末の休日にゆっくりと自分や家族との時間を過ごすために購入する人が続出中です。セカンドハウスで週末を過ごすことで仕事とのオンオフを切り替えられるなどのメリットがあります。

ただ、大きな買い物になるので物件の金額や賃貸料金だけでなく光熱費、電気代、管理費も頭に入れましょう。そして、セカンドハウスは減税措置の対象になり、場合によってはかなりの金額の減税に繋がるので事前に計算して、減税措置を行なうと良いです。

\ この記事をシェアする /

サイト監修者

SUPER VISORS

株式会社カントリーライフ

株式会社 カントリーライフ
代表取締役社長 堀 充宏

株式会社カントリーライフは、2009年に「リゾート物件」や「田舎暮らし物件」を紹介する不動産会社として創業いたしました。
2019年には、創業10周年を迎え、本年2021年2月より13年目に突入しました。
丸12年の経験は、会社にとってかけがえのないものです。
大変、苦しい想いをしたことの方が記憶には残りますが、これも大切な経験です。
だからこそ味わえた感動もあったと思います。

10年先の未来を見据えた時、
『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である』 というダーウィンの言葉通り、変化への対応が必要です。

 私たちは今後、人々の癒しに対するニーズが一層多様化していくと考えております。
そこで、お客様の幅広いご要望にお応えできるようこれからも当ホームページを通じ「田舎暮らし向けの古民家」や「別荘向けのログハウス」をもっと身近な存在として、多くの人々にご提供していく所存でございます。

まだまだ若い会社ですが「迅速な行動」をモットーに精進してまいりたいと考えます。

関連ブログ記事

RELATED POSTS

新着記事

NEW POSTS

ブログをもっと見る

新着田舎物件

NEW PROPERTIES

物件をもっと見る